忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/26 21:04 |
うるおい療法試してみた
先週の水曜日のこと。
料理中に指を切りました。
切る、というか、1mmくらいスライスしてしまったんですよね。

まずは止血と絆創膏を巻いて放置。
取るのが怖かったので翌々日に外して見てみました。

……とりあえず血はとまったようだ。
傷口からは赤い肉が覗き、ちょっと締めつけすぎたのか周りの肉が白くなってます。
うん、まったく治ってる気がしない。
指先が明らかにえぐれているので、これ治るのかなー、と不安になる。
病院にいった方が良かったかなーと思いつつ、


これはうるおい療法とやらを試す時ではないのかと。


絆創膏代わりにラップをぐるぐる巻きつけるというだけの簡単なものです。
ちなみに消毒はせず、洗い流す程度にとどめます。
消毒液は細菌だけでなく細胞も傷つけるのでかえって回復が遅くなるそうです。
ラップは失った皮膚の代わりですね。
体液を通しませんしガーゼのように吸うこともないので、皮膚があったときと同じような環境が作れているとかそういう。
さすがに不格好なので寝るときくらいしかできないなぁ、これ。

そして翌朝。
……指先が臭い。

浸潤液を野放しにしてる形ですから、におうんですよね。
そのうえ冬とはいえサウナ状態を作ってるわけですし。
大丈夫だよ、という話は聞いてても、膿んだりしてないかなーと不安になります。
そのうえ傷周りは厳重に巻いているので、ラップとはいえよく見えません。
もしダメだったら病院に駆け込もう。
恐る恐るラップを取ってみる。


傷口が、ぷくっと膨らんでました。


とはいっても、もとがえぐれているので全体としては凹んでますが。
でもちゃんと新しい肉が出来てるんだろうなと素人目に分かるんですよね。


そして3日が経過した今。
傷口がほぼふさがりかけてます。
1mm程度の深さとはいえ抉ったのに。
カッターでちょんと切った傷ですらここまでの回復をみただろうか。
うるおい療法がすごい、というか、人体の可能性を垣間見た気分です。
くそ、治療過程の写真とってりゃ良かった。


元通りの形に戻るにはもう少し時間がかかりそうですが、それでもすげぇぜうるおい療法。
また試してみたい。



※個人の主観によるものです。うるおい療法の効果を保証するものではありません。

まぁ、病院に行くのが確実ですよ。
傷の種類や大きさ状態によっては化膿することもあるでしょうし。
試す際には自己責任でお願いします。
PR

2010/12/20 18:06 | Comments(0) | TrackBack(0) | 日記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<うるおい療法試してみた | HOME | 東京都 青少年育成条例改正案について思うこと>>
忍者ブログ[PR]